2017年5月24日水曜日

いつもの床屋で散髪をしてもらった後で、明日の成田市甚兵衛の森での調査で必要なものをケーヨーデーツーというホームセンターに買いに行ったり、貸し倉庫に保管してある大きなアイスボックスを取りに行って車に積んだり、準備をしました。
明日は同行してくれる学生と一緒に朝の2時15分に出発する予定ですので、今夜は早く寝ます。

2017年5月23日火曜日

用事があって長柄(ながら)町の日本メディカルトレーニングセンターに寄ったついでに、途中の水田の写真を1枚撮りました。田植えをしたイネの苗がしっかり根付いていました。


松戸に帰ってから、夕方5時頃江戸川堤防と水元公園Bブロックに出かけて2時間15分ウォーキング/ジョギングをしてきました。金町側の江戸川堤防の復元工事は着々と進んで、今日は変な形のブロックを運び入れていましたので、堤防の一部の下半分は石段にするのかもしれません。
堤防から水元公園Bブロックに通じる桜土手には鮮やかな紫色のアザミの花が咲いていました。強い風が吹いていたせいか、ソメイヨシノの桜並木の下にはサクランボを付けた小枝が落ちていました。




水元公園ではスイレン(睡蓮)の葉とハスの葉がどんどん大きく展開していました。小合溜には冬の間はいろいろな水鳥が来ていましたが、全部どこかに渡っていったらしく、今日はアオサギとカワウを各2~3羽見ただけでした。
イロハモミジ(赤葉)とケヤキの新葉の緑のコントラストも面白いなと思いました。水元公園Bブロックには菖蒲池がありますが、早咲きの種類が数株だけ開花していました。

 
 







葛飾大橋に戻った時には日が暮れ始め、下流方向には富士山のシルエットが見えました。東京スカイツリーも電飾がきれいでした。


2017年5月22日月曜日

6月5日(月)~6日(火)に予定している三保松原のクロカミキリその他の調査には、結局樹木医5人と私の6人で行くことになりました。5日には千葉県香取市の府馬の大楠(おおくす)(実際はタブノキ)の害虫(クスベニカミキリとホシベニカミキリ)防除の薬剤散布がありますので、私も見学に出かける予定です。
クスベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA
ホシベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA

その後で、多分車2台に分乗して三保松原のある清水市に向かいます。夕方のクロカミキリ成虫が活動する時間帯に松原内を歩き回って調査をする予定です。世界遺産内を6人の男たちがウロウロ徘徊して不審者と思われると困りますので、静岡市役所の担当者に私たちの計画についてメールで連絡をしておきました。5日の夜は清水市内のホテルに宿泊して、翌6日の午前中には清水区役所内の治山林道課に寄って松くい虫被害や対策に関するいろいろな資料を入手してくる予定です。

園芸学部に寄って、今週25日(木)に予定されている甚兵衛の森における調査を手伝ってくれる学生に会って、作業の説明と打ち合わせをしてきました。当日は朝2時15分に私の車で松戸を出発して、現地には朝4時には到着する計画です。

園芸学部内のマテバシイとスダジイは新緑が輝いていますが、緑色が少し違いますので、戸定ケ丘の斜面林の新緑もこれで今の時期は遠くからでもだいたい見分けがつきます。