2018年5月24日木曜日

JR松戸駅から品川駅経由で羽田空港国内線タ-ミナルまで1時間ちょっと、羽田空港から飛行機で離陸してから約1時間で秋田空港に到着し、ネットで購入した往復航空券が34,280円ですから、便利になったものです。試しに電車で松戸‐上野、新幹線こまちで上野‐秋田で行くとどうなるか調べてみたら、時間は約4時間半、電車代は片道17,910円×2=往復35,820円ですから、飛行機の方がずっと早いだけに得だということになりました。

秋田空港には知人が待っていてくれ、秋田駅の近くの秋田ビューホテルまで連れて行ってくれました。私が松くい虫問題に興味を持っていることを知っていますので、海岸に沿った道を走って松林の状態を見せてくれました。千葉県の海岸松林の状態と同様で、大きなマツは松くい虫被害で消滅し、あちこちで再植樹が行われていました。住宅地側にはいくらか大きなマツもありましたが、昨年度の被害で枯れたマツがそのまま放置されているところも見られました。これらのマツからは今月末から6月、7月には体内にマツノザイセンチュウを保持したマツノマダラカミキリが羽化脱出して感染木を拡大していきますので、まずいなと思いました。
知人の話では、国有林と民有林と企業所有林などが混在しているので、誰が伐倒駆除や薬剤散布の費用を負担するかの問題があるとのことでした。
海外から侵入した伝染病(感染症)が目の前で発生しているのに、所有区分の問題で一斉防除ができないのでは、松くい虫問題がいつまでも収束しないのは当然です。
ホテルに着いてからまだ明るかったので、少し近所を散歩しました。すぐ近くに昔のお城のお堀の跡があって、スイレンの葉が浮いていて、向こう岸にはとツツジの花が咲いていました。

このホテルに予約できたのは今日だけでしたので、明日からは別のホテルに移ります。




2018年5月23日水曜日

1969年以来の空手の弟子/友人のDon Proffer 君は今はインディアナ州に住んでいますが、昨年私がノースカロライナ州に滞在していた時に訪ねてきてくれました。私の宿泊していたモーテルの部屋に泊っていて、私がいない時に野外に駐車していたピックアップトラックの中で缶ビールを6本飲んで、寝ているところをパトロールをしていた警察官に飲酒運転の容疑で逮捕されてしまいました。翌日私が保釈金1,000ドル(約10万円)を立て替えて払って留置場から釈放されましたが、その裁判がちょうど現地時間で昨日行われる筈だったので再度インディアナ州から車を運転してきて裁判所に出頭したら、彼を逮捕した警察官が現れずに、裁判は再度7月に延期になったという報告のメールが届きました。
本人は車のエンジンは切って、飲酒後車の中で寝ていただけで運転はしていなかったと主張したようですが、裁判所でどういう判断をするか興味のあるところです。当該警察官が裁判所に現れなかったということで、Don 君にとって少し有利になったようですが、決められた裁判の日時に逮捕した当該警察官が現れないなどということがあり得るのか、アメリカの司法制度はまるで西部劇時代のような気がして面白いなと思いました。Don 君は裁判所で、野球の試合で片方のチームが開始時間までに球場に現れなければ試合放棄と見なされて不戦敗になるので、裁判はこれで終わりじゃないかと主張したようですが、野球の試合と裁判は違うのでそうはならないと言われたとのことでした。そういう主張をするところもまた面白いなと思いました。
Don 君の方は予定通り裁判所に出頭したので、保釈金は返還の手続きがとられるとのことです。

明日は秋田県立大学で開催される日本農薬学会第43回大会に参加するために、羽田空港から秋田に向かいます。秋田空港到着時間の午後4:20に現地の知人が迎えに来て、ホテルまで連れて行ってくれることになっています。
学会終了後の28日(月)には秋田県庁を訪ねて、松くい虫被害について情報を収集してくる予定です。せっかくの機会ですので、少しだけでも現場の視察もできればいいなと思っています。

2018年5月22日火曜日

Kelly Brown 君は1972年頃からの剣道の弟子/友人で、ノースカロライナ州立大学で畜産学を専攻して卒業後大きな養豚場に勤務していましたが、その後ノースカロライナ州との州境にあるバージニア州アララットという田舎町で水力発電のダムの管理をしていました。山中の社宅に住んでいて、私はノースカロライナ州に行く時は必ず彼を訪ねて、一緒にダム湖でフィッシングをしたりしてきました。
多分、私より10才ぐらい年下の筈ですが、最近体調が悪い(心臓?)ので引退を考えていると言っていましたので、もしかしたらすでに電力会社を辞めているのかもしれません。
彼のフェイスブックに最近ヘビの写真が2枚アップされました。1枚は草むらを這っていて、もう1枚は交尾をしていて、体調は6フィート(約180cm)を超えると書いてありました。ヘビの種類は書いてありませんでしたが、彼の住んでいるところや勤務している発電所は、クマやシカやガラガラヘビをはじめ野生動物に出会える自然豊かなところです。
私は今年も10月頃もしノースカロライナ州に行くことができれば、いつものように彼に会いに行こうと思っています。