2017年12月16日土曜日

今日は流山市にある日本同盟基督教団の南柏聖書教会で「クリスマスコンサート2017~灯 ともしび~」が開催されましたので、私も聴きに行ってきました。
http://www.geocities.jp/mkbible2/html/00index/index.html
バイオリンを弾いた中川 毅(たけし)君は、私の千葉大学勤務時代の同僚だった故中川弘毅教授の長男で、彼が小学校2~3年生の頃から同じ公務員宿舎に住んでいましたのでよく知っている人です。お父さんの中川弘毅君とは、大学1年生の時から数年前に亡くなるまで50年以上のお付き合いでした。ピアノ伴奏をしたピアニストの矢部千代さんは素敵な女性でした。
こじんまりした協会の礼拝堂には100人近い人が集まって、演奏された9曲に聴きほれました。演奏した2人ともプロの音楽家ですから当然でしょうが、バイオリンもピアノも奏者の手や指がまるで魔法のように動いて素晴らしい音を奏でていました。各曲の演奏の前に、司会者の女性がそれぞれの曲について簡単に解説をしてくれたことも、曲をより楽しく聴くことに効果的した。司会者の女性の話し方は非常に上手でしたので、もしかしたらプロのアナウンサーだったのかもしれません。
演奏後は教会信者の婦人部の方々が準備して下さった紅茶/クッキー/サンドイッチ/フルーツポンチを味わいながらの交流会がありました。牧師のお話も音楽も交流会も本当に楽しい企画でした。菊池良一牧師とは交流会後に名刺交換をしましたが、信者に慕われている素晴らしい牧師という印象を受けました。
入場料は無料でしたが、若い音楽家を育てるための献金箱が置かれていて、志のある人が献金を入れていました。献金箱はそのまま音楽家にお渡ししますという牧師の説明でした。私も、バイオリニストとピアニストに感謝して志を入れました。







日本同盟基督教団という名前は私には馴染みがありませんでしたので、ネットで検索してみましたら、教団は1922年に結成されたが、元々は1891年に横浜港に上陸した15名の宣教師に始まるという歴史が記載されていました。
http://domei.biz/doumei/honbu/enkaku.pdf
さらに教団のホームページからリンクを開くと、2017年7月3日付けの教団理事長廣瀬 薫から内閣総理大臣安倍晋三殿宛の「今日の政治的状況に対する私たちの声明」と題した声明文がありました。
http://domei.biz/x/modules/b_news/index.php?page=article&storyid=433
戦争中に軍国主義の下で(キリスト教も含めた)宗教団体も戦争に協力させられ、結果として日米だけでなくアジアの人々の大勢の命が失われ、地獄のような苦しみを与えた反省から、「日本国憲法が掲げる平和主義と基本的人権を尊重し・・、信教の自由、思想・良心の自由の侵害が懸念され・・、今日の政治的状況を見るとき、憲法が求めるあり方に背く傾向が顕著・・」と、時の政治権力の動きにはっきり反対の意思表示がしてありました。正に多くの国民の感じていることを代弁していると思いました。

今日はコンサートを楽しんだことに加えて、菊池良一牧師に出会えたことと日本同盟基督教団という宗教団体が、安倍政権の下で現在進行中の政治状況に危機感を抱いて勇気ある直言をしていることを知ったことは大きな収穫でした。

2017年12月15日金曜日

園芸学部の就職ガイダンスで今日は日本農薬株式会社が農薬業界について説明することになっていましたので、一番後ろの席で様子を見に行ってきました。
ちょっと早目に教室に着いたら、まだ日清食品ホールディングズによる食品業界の説明をやっていて、約10人の学生が参加していました。若い女性社員が主に営業の仕事の内容とやりがいについてスライドを使って上手に話していました。日清食品グループの2016年の売上高は約5,000億円で、2020年には時価総額1兆円企業を目指すと配布されたカラー印刷のよくデザインされた資料に書かれていました。



10分間の休憩時間に学生が入れ替わり、日本農薬の説明の時にも約10名の別の学生が参加していました。こちらも人事部の若い女性社員が農薬の役割や安全性や研究開発の流れや業界の現状などについてスライドを使って上手に話していましたが、配布資料は、日清食品に比べて白黒コピーの質素なものでした。農薬業界全体の市場規模が国内で約3,400億円、世界で約5.8兆円とのことで、その中で日本農薬は平成33年度(2021年度)に売上高1,000億円を目指すとのことでしたので、食品業界と農薬業界の規模の違いがよくわかりました。
日本農薬の現在の売上高の50%超は海外マーケットだそうですから、ほぼ飽和状態の国内マーケットではなく、今後はより積極的に海外に打って出るという方針だなと想像しました。参加者は男子学生よりも女子学生の方が多く、エントリーの方法や採用決定時期などについて質問をしていました。
これらのガイダンスは再来年(2019年)3月に卒業・修了予定学生が対象ですから、学部生にとってはまだ研究室に所属して卒業研究を始める前の段階の筈です。求人する方も、求職する方も大変だなあと思いました。



2017年12月14日木曜日

道場で空手の稽古と筋力トレーニングを1時間してから、江戸川堤防と水元公園Aブロックに行ってウォーキングをしてきました。先日堤防から河川敷に下りるスロープを走って上り下りする坂道トレーニングをした時に、高校生の陸上部員がダッシュしているのに刺激されて少し早く(私にとっては)走り過ぎたせいか、大腿骨と骨盤の接続部分に違和感が残りました。やっとそれがなくなったと思ったら、今度は空手の稽古で左わき腹の筋を少し伸ばし過ぎたせいか痛みが残りましたので、用心してジョギングや坂道トレーニングはしばらくやらないことにしました。

園芸学部構内には新しい就職ガイダンスの立て看板が立ちました。
百周年記念戸定ケ丘ホール前の3本の大銀杏はあんなに綺麗だった黄葉が落ちて、骸骨のようにほとんど幹と枝だけになりました。
園芸学部横の国道6号の拡幅工事も着々と進んでいて、今は古い壁の残りを撤去し始めたようです。





 


 
今日は透き通るような晴天でしたので、松戸市中心街や筑波山がくっきりと見えました。水元公園の修景池には周囲のクヌギやコナラやサクラやヤナギの落葉が吹き寄せられて浮いていました。
池から飛び立ったヒドリガモの群れが陸に上がって、しきりに草(あるいは草の種子?)をついばんでいました。
帰りには大葛飾橋の上から富士山が見えました。