2018年5月26日土曜日

農薬学会大会2日目は秋田県立大学で行われ、午前中に一般講演、昼休みにランチョンセミナー、午後前半は一般講演、午後後半はシンポジウム1というプログラムでした。私たちの発表は午後前半に2題続けて配置されていて、無事終わりました。共同研究者の阿部智早絵さんは、学会発表は初めての経験だと言っていましたが、練習してきただけあって時間内にしっかり発表していました。
ランチョンセミナーは3つ企画されていて、いずれも面白そうでしたが、私はエンヴィーゴ株式会社のUse of Plant Protection Products and Protection of Human Healt- Risk Assessment Approaches for Worker, Bystanders, Residents and Children(植物保護剤の使用と人の健康保護-作業者、住民、子供に対するリスク評価のアプローチ)に参加しました。暴露をDietary(食品摂取経由)とNon Duetary(非食品摂取経由)に分け、後者についてはOperator(散布者)、Worker(作業者)、Resident(住民)、Bystander(傍観者)に分けて暴露評価とリスク評価の仕方を説明していました。
散布者の経皮吸収の説明で使ったスライドに、田植え後の水田の中を歩きながら除草剤を手で撒いている女性の後ろ姿の写真がありましたが、よくこんな写真が撮れたものだと感心しました。今は、額縁散布をしたり、水口(みなくち)施用をしたり、ジャンボ粒剤を投げ込んだりの方が多くなって、農村に行っても水田の中を歩きながら手散布をする姿はめったに見なくなった筈です。













ホテルに帰るとお祭りをやっていて、地域ごとのいろいろな山車(だし)が出ていて、大勢の人々が通りを埋めていました。JAの直売所にも寄ってみました。新鮮な農産物が並べてあり、秋田県らしい素敵なポスターも貼ってありました。






2018年5月25日金曜日

農薬学会大会の初日は、例年通り、総会と学会賞授与式と、受賞者講演と特別講演がありました。現在の執行部と名誉会員、終身会員、顧問が一緒に昼食を食べながら、学会長の学会の現状の報告を聞いて懇談する昼食会もあり、私は終身会員の一人ですので参加しました。
今年の学会賞は、奨励賞が2件、業績賞(研究)が1件、業績賞(技術)が1件、論文賞が1件でした。










特別講演は3題あり、いずれも大変興味深い内容でしたが、東北大学大学院農学研究科の堀 雅俊准教授の「青色光の殺虫効果と防除への応用」は、私の千葉大学学生時代の恩師だった故野村健一教授が黄色光による果実吸蛾類に対する忌避効果を発見して防除技術として実用化したのがはしりですので、特に興味深く思いました。
西本 麗農薬工業会会長の「農薬産業の世界的動向」も、長期的視点で農薬の果たす役割りについて説得力のある内容でした。




















懇親会・受賞者祝賀会では、余興として”なまはげ”の太鼓打ちと踊りが企画されていました。