2017年5月22日月曜日

6月5日(月)~6日(火)に予定している三保松原のクロカミキリその他の調査には、結局樹木医5人と私の6人で行くことになりました。5日には千葉県香取市の府馬の大楠(おおくす)(実際はタブノキ)の害虫(クスベニカミキリとホシベニカミキリ)防除の薬剤散布がありますので、私も見学に出かける予定です。
クスベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA
ホシベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA

その後で、多分車2台に分乗して三保松原のある清水市に向かいます。夕方のクロカミキリ成虫が活動する時間帯に松原内を歩き回って調査をする予定です。世界遺産内を6人の男たちがウロウロ徘徊して不審者と思われると困りますので、静岡市役所の担当者に私たちの計画についてメールで連絡をしておきました。5日の夜は清水市内のホテルに宿泊して、翌6日の午前中には清水区役所内の治山林道課に寄って松くい虫被害や対策に関するいろいろな資料を入手してくる予定です。

園芸学部に寄って、今週25日(木)に予定されている甚兵衛の森における調査を手伝ってくれる学生に会って、作業の説明と打ち合わせをしてきました。当日は朝2時半に私の車で松戸を出発して、現地には朝4時には到着する計画です。

園芸学部内のマテバシイとスダジイは新緑が輝いていますが、緑色が少し違いますので、戸定ケ丘の斜面林の新緑もこれで今の時期は遠くからでもだいたい見分けがつきます。

2017年5月21日日曜日

昨日もそうでしたが、急に気温が上がって夏のような天気でした。テレビニュースでは、場所(群馬県館林など)によっては35℃を記録したところもあったようです。
日曜でしたので、昼休みに園芸学部構内を通って隣接する戸定が丘歴史公園に寄り、それから江戸川堤防に行き、葛飾橋を渡って水元公園Cブロックを2時間15分ウォーキング/ジョギングしてきました。

園芸学部構内のヤグルマギクの花壇には紫やピンクや白い花が咲きほこっていました。洗心倶楽部前の芝生の真ん中にはクスノキの大木が立っていますが、その木陰に寝そべって本を読んでいる人がいました。
戸定が丘歴史公園の庭にはアズキ色の葉を付けた木がありましたが、ラベルを見たらベニバナトキワマンサクと書いてありました。ツツジにはアゲハチョウの一種が来て蜜を吸っていました。
水元公園Cブロックのヤマモモの木には未成熟の実がたくさんなっていました。
途中の民家の庭には黄色と橙色の混ざったバラの花が咲いていました。ヒノキかサワラのような葉をした木に変な形と色の球果がついていましたが、この球果も、今は単に未成熟なので乳白色なのだけかもしれません。今後どう変わっていくか見てみようと思います。
葛飾橋の橋梁の上部の穴には毎年ムクドリが営巣しますが、今年はあまり姿を見ないなと思っていましたら、いつの間にか2~3の巣でヒナが孵ったらしく、餌をねだるヒナ鳥の鳴き声がする穴があり、親鳥が出入りしていました。







 



2017年5月20日土曜日

午後2時10分から秋葉原駅近くの喫茶室ルノアールニュー秋葉原店(貸会議室)で松園会の勉強会が予定されていましたので、その前に江戸川堤防に行って1時間20分ウォーキング/ジョギングをしてきました。
園芸学部構内のヒノキの高木にはツタ(蔦)が登っていました。JR常磐線の陸橋を渡る時はいつも戸定ケ丘の斜面林を振り返って新緑の状況を見ることにしていますが、すっかり緑色が濃くなってきた一方で、まだ黄緑色が目立つ木もあります。多分、スダジイとマテバシイだと思いますが・・。
江戸川では水上スキーをしていたり、河川敷で日光浴をしている人もいました。
金町側の堤防の不要になった樋管(ひかん)を撤去した後の堤防復元工事は大分進行し、もう少しです。

勉強会には加藤一郎氏と私の他に、農薬メーカーの社員7名と日本植物防疫協会の社員1名が参加し、農業に関する非常に濃密かつ高尚な話題提供と意見交換が行われました。農薬は、農業あってのビジネスですから、日本の農業のあり方について真剣に考えるのは当然ですが、単に効率化だけでなく、地域をどう守るかが課題だという認識で一致しました。参加者中には学生時代はあまり勉強をせずに問題のあった者もいましたが、卒業して何年か経って、こうして社会の第一線で活躍している現在の姿を見て嬉しい気持ちになりました。

勉強会終了後は近くのローズ&クラウン秋葉原店に移動して、懇親会をしました。私もビールを軽く一杯飲みましたので、帰りは松戸駅に着いてからわざと遠回りして江戸川堤防をブラブラ散歩をしながら家に帰りました。夕焼けでしたので富士山のシルエットが見えるかもと期待しましたが、残念ながら今日は見えませんでした。















2017年5月19日金曜日

東京農業大学総合研究所研究会農薬部会の総会・講演会・懇親会が世田谷キャンパスのグリーンアカデミーで開催され、私は農薬部会長ですので出席しました。
世田谷キャンパスの前の馬事公苑に通じるケヤキ並木は新緑の葉が瑞々しく輝いていました。構内の古い建物を撤去して芝生広場にしたところも、広々とした空間がいい感じでした。

少し早目に到着したので、食と農の博物館で開催中の特別展「微細藻類の輝かしき未来-天然物の無限の可能性-」を観てきました。微細藻類が生命の誕生にも関わったことや、イスラエルの塩分濃度が著しく高い死海で生存している微細藻類がいることなど、興味深い展示で、勉強になりました。さすが東京農大らしい、素晴らしい企画だと思いました。

講演は、2月18日に千葉大学園芸学部の松園会(千葉大学園芸学部卒業生で植物保護に関わっている人たちの同窓会)で講演した加藤一郎氏の話が素晴らしかったので、私が同じ話を東京農大でもして下さいと依頼したもので、「農業の活性化と地域振興に向けて」(商系、系統の区分の時代は終わった)という演題でした。
加藤一郎氏は千葉大学園芸学部では私より4~5年後輩ですが、農業経済学研究室を専攻し、卒業後はJA全農に長年勤務し、代表理事専務を務めただけあって、日本の農業の置かれている状況を的確に指摘し、活性化には何が必要かを提示しました。
農薬部会の参加者にとっても大変刺激的な講演でしたので、多くの質疑応答がありました。

懇親会の後で、いつものように山本 出先生のご自宅で二次会があり、楽しい懇談の一時を過ごしました。









2017年5月18日木曜日

午前中はいろいろな人とのメール連絡をし、昼休みに道場で空手の稽古と筋力トレーニングを1時間しました。その後江戸川堤防に行き、堤防から河川敷に下りるスロープを走って上り下りする坂道トレーニングを5往復してから、1時間ウォーキング/ジョギングをしてきました。

園芸学部の生協前広場には新しい立て看板が2つ設置してありました。1つは第9回就職ガイダンスで、もう1つは元陸前高田市の教育次長/前大船渡中学校長の金 賢治先生による「生きる」という演題の講演会の案内でした。https://www.facebook.com/kenji.kin.33 後者は木下 勇教授が世話人で企画した講演会のようですが、園芸学部の学生がどれぐらい関心を示してくれるか・・。





江戸川の松戸側堤防では、除草工事をしていました。万が一にも事故がないように、除草作業中の幟(のぼり)を堤防の除草区域に立て、草刈り機にも立ててありました。
作業者も長袖・長ズボンを着用し、顔面全体がカバーされているヘルメットを被っていました。


2017年5月17日水曜日

今日は第86回農薬工業会通常総会が開催され、その後講演会と懇親会がありました。毎年のことですが、私にも講演会と懇親会への招待状が届きましたので、出席してきました。
講演は、一般社団法人日本報道検証機構代表理事の楊井人文(やないひとふみ)氏による「ファクトチェック・ジャーナリズムの可能性と課題」という演題で、1時間という限られた時間でしたが、「誤報」について興味深い内容でした。

「誤報」に対する日米のメディアの姿勢には大きな違いがあり、日本では誤報とわかっても無視をしたり、訂正記事を載せても非常に小さい扱いで、1ケ月に10件程度(例えば朝日新聞)なのに対して、米国では1日に10件程度(例えばニューヨークタイムズ)の訂正記事が読者にわかり易い場所に掲載されているとのことです。
「誤報」を産むリスクについても、情報源の問題、取材記者の問題、編集者の問題に分けて詳細に解析しました。









 
演者の楊井人文氏は、https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/ によると、「慶應義塾大学総合政策学部卒業後、産経新聞記者を経て、平成20年、弁護士登録。弁護士法人ベリーベスト法律事務所所属。平成24年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げ、同年11月、一般社団法人日本報道検証機構を設立」という経歴の方です。「GoHoo」http://gohoo.org/author/yanai/ というのは「誤報」をそのままローマ字にした名前です。

懇親会では今日の総会から農薬工業会会長に就任した西本氏(住友化学株式会社)の挨拶と、来賓代表として農水省農産安全管理課長の瀬川氏の挨拶から始まり、楽しい懇親と情報交換の一時を過ごしました。