2017年10月17日火曜日

この頃は朝食前にSymphony Lakeに運動に行く時間を少し遅らせて6時50分にモーテルを出ますが、空にはまだ三日月が残っています。池の周りの遊歩道には、昨年も見つけた日本の蝋梅(ろうばい)に似た質感の黄色い小さな花を咲かせる草が生えています。面白いことに、何をしているのかわかりませんが、マガンもカナダガンも池で垂直に逆さになって水に潜る行動をしていました。

 




約束通り午後1時半にNCSUの元のメインキャンパス(今は北キャンパスと呼ばれる)にあるWilliams HallにDr. Travis W. Gannonを訪ねました。Agronomy(農学)の中でCrop Science(作物学)とSoil Science(土壌学)は別々のDepartment(学科)だった筈ですが、今は合併してDepartment of Crop and Soil Sciencesとなっていました。Plant Pathology(植物病理学)とEntomology(昆虫学)が合併してDepartment of Plant Pathology and Entomologyとなったのと同じです。州政府の予算がピンチの時に合併によって学科長やセクレタリーのポジションを減らして節約するということと、学問が段々細分化されてきたのでもう一度大きな括りにして視野を広げるというのが政治家の言い分でしょうが、果たしてうまくいくかどうか・・。
Dr. Gannonとのディスッカションでは、ゴルフ場で使われる農薬について日米で共通の問題があるという認識で一致し、彼自身は除草剤が専門のようでしたが、ターフグラスに登録のある農薬のリストや使用基準など情報を入手できました。同じ芝でも牧草刈り入れ用と牛の放牧地用とゴルフ場用で登録も違っていて、ターフグラスと言う場合はゴルフ場の芝に限定されるということを初めて知りました。オフィスに家族の写真と並んでノースカロライナ州のワシントンという町で行われたトライアスロンでゴールしている写真が飾ってあり、今は仕事ばかりで走れないが以前は走っていたと
言っていました。私も走っていると教えて、急に親近感が湧いてきました。
キャンパス内は学生が大勢歩いていて、活気がありました。鉄道線路の下のトンネルの入口には自分の見解の主張として落書き自由の掲示があり、昔と同じようにいろいろな落書きがありました。一定の責任の下で自由ということでしょうが、中にはFuck Trumpというちょっと品のない落書きもありました。
1969年に私が初めて留学した時に一時期住んでいた学生寮がまだ残っていて、何かわからないメーターみたいなものがあって学生がボタンを押して入力していたので、これは何の機械かと訊いたら、車を駐車した時の料金支払い機だとのことでした。その他にも、同じ色の自転車が何台か駐輪してありましたが、使用量が1回$1の共同利用自転車のようでした。






















夕方Lake Johnsonに運動に行くので1階に降りたら、モーテルのジムで犬がベルトの上を歩いていました。飼い主の女性がそばについていて、結構な速度で人間と同じように20分間歩かせるのだそうです。空調のきいた室内で、自分は歩かずに犬だけ歩かせるのは、怠け者なのか、犬の健康のための親心なのか・・。
Lake Johnsonではアオサギ?が珍しく比較的近い位置に2羽いました。日本ではよく見たカワウのように羽を広げた水鳥も2羽いました。
遊歩道にはいろいろな形と色の落ち葉がたくさん落ちていて、見ていて飽きません。















2017年10月16日月曜日

12月1日(金)には東京農業大学総合研究所研究会農薬部会の第108回部会セミナーが世田谷キャンパスで開催予定ですが、すでに了解が得られている島根大学の尾添嘉久教授の殺虫剤の作用機構に関する講演の他に、サイエンスライターの片瀬久美子博士にも折衝中でしたが、「微生物資材投入による河川等の浄化効果について」(仮題)というテーマで講演をしていただけることになりました。千葉県の館山市をはじめ、全国各地でEM菌の培養液やEM団子を河川に投入して水質浄化をはかる活動が行われていますので、その効果を科学的に検証した結果は興味があります。

今朝のSymphony Lakeでは久しぶりに朝焼けが見られました。先日見つけた枯死進行中の大きなマツとは別に、もう1本比較的最近伐倒されたそれほど大きくないマツの切り株がありました。これも何らかの理由で枯死したので伐倒されたのでしょう。
2回目ですが、故W.C. Dauterman先生のお墓参りに行きました。驚いたことにカナダガンの群れが来ていて、お墓の間の草をついばんでいました。墓地には池も水もないのに、こんなところに来るにはそれなりの目的がある筈ですので、カナダガンの習性がわかれば面白いだろうなと思いました。
3つ並んでいる先生と奥さんのBarbaraさんと長男のWalter Jr.君のお墓の前で手を合わせて、先日次男のJohn君と会った報告をしました。






2017年10月15日日曜日

いつものように朝食前にSymphony Lakeの遊歩道を2周してきましたが、珍しく霧が深くて向こう岸が見えないぐらいでした。道路標識に張ってあるクモの巣には、普段は透明で見えないのでしょうが、水滴がついていましたのでこれでは餌の昆虫は引っかからないだろうなと思いました。






Frank君の息子のDanny君は、赤ちゃんだった頃、当時ローリー市に住んでいた我が家で預かって妻がベイビーシッティングした関係で、妻にとっても私にとっても我が家の一員のような特別な感情があります。今日はランチを一緒に食べようということになっていましたので、Frank君がモーテルに朝9時頃迎えに来てくれました。海岸の方向に車で走って約2時間の距離のGreenvilleという小さな町に住んでいます。もう40年ぐらい昔のことですが、Frank君が朝勤務に行く途中で連れてきて、夕方迎えにくるまで私の妻が食事を食べさせたり、おしめをとりかえたり、背中に負ぶって「よいよいよい・・」と子守歌を歌ってあやしたりしていたのを思い出します。
車を運転していたFrank君が右足が攣ったので休憩するために道路脇に車を留めて少し歩き回りましたが、偶然道路に飛び出して車に轢かれたシカの死骸がせんべいみたいにぺしゃんこになってありました。何回も轢かれたのか、頭蓋骨もぺしゃんこになっていました。
Danny君はEast Carolina University(ECU)のSchool of Art and Designを卒業して、手作りのキャビネットや家具を作るスタジオを起業していて、そのShop(作業場)を見せてくれました。元々はキリスト教の教会だった建物を利用して、いろいろな道具や材料の木などが置いてありました。今手がけている製作途中の大きなベッドと大きなテーブルもありました。テーブルの上に乗せるセメント(コンクリート?)製の台もできていました。カンナは日本式は引いて、アメリカ式は押すのだと思っていましたが、日本式と同じ引くカンナも持っていて板を削ってみせてくれました。千葉大学時代の同級生で木のネンドのアトリエをやっていた小杉荘八君が見たら、同じような分野なので興味を示すだろうなと思いました。後で、写真だけでも送ってあげようと思います。インテリアデザインとして、自然の木を配置して天井近くにくもの巣を張らせているところも面白いなと思いました。
Shopの前のデッキには犬のベッドとアンティークの農機具や井戸の水くみポンプなどが置いてあり、やはりこういうものの芸術的な価値を評価するのだなと思いました。
鶏小屋の入口に架けてある鳥の巣はwasp(ハチ)の巣になっていて、Danny君は2回刺されたので私に気を付けるように言いましたが、外さずにそのまましているところがまた面白いなと思いました。
ランチは町の中のWinslow'sというレストランで食べましたが、元々はStable(馬小屋)だったのが、金物屋に代わって、その後レストランになったとのことでした。Danny君の奥さんのMellisaさんは、大学で看護学を教えているそうですが、野菜嫌いだったDanny君に健康にいいからと野菜を食べるようにしつけた(食べなければ他に食べるものはないと言って)のだそうです。二人の子供ものびのびと育っているようでした。Danny君はアメリカ人としては背が高い方ではありませんが、木工をしている仕事柄か腕っぷしが太くて力強そうだったので、力こぶを見せてくれと言ったら恥ずかしそうにちょっと格好だけしてみせてくれました。
帰りはレストランを2時頃出発して、行く時に目を付けておいたダイズ畑とサツマイモ畑を見学しました。この辺りは南部ですから昔は綿畑だったのでしょうが、時代の流れとともに綿畑がタバコ畑に代わり、それがまたダイズ畑とサツマイモ畑に変わったのかもしれません。うっかり畑のそばにあったヒアリの巣を踏んでしまったらヒアリが続々と飛び出してきましたが、気が付いてすぐ離れましたので噛まれませんでした。途中、池のある白い3階建ての家がありました。




















 
 
 






 
 

























 








 
モーテルには午後4時頃に戻ってきましたので、それからFrank君と一緒にLake Johnsonに出かけて約2時間で6マイルウォーキングしました。天気もよかったのでフィッシングをしているボートが湖に出ていました。桟橋では父親が釣りをしている間、仲良く遊んでいる小さな女の子がいて何て可愛らしいんだろうと思いました。
今日は下流の湖の遊歩道と上流の湖の遊歩道の両方をウォーキングしたましたので、約6マイル(約10km)になった筈で、Frank君は息を切らしながら途中で靴の紐を結び直すと言って呼吸を整えていました。