2017年3月28日火曜日

Brett さんから昼ちょっと前にメールが届きました。JR山手線で渋谷から原宿に行き、代々木公園を見てから歩いて新宿に行き、今から新宿御苑に入るところだとの報告でした。今朝は時差ボケで(冬時間のノースカロライナ州と日本の間には14時間の時差があります)部屋でボーッとしているかもと想像していましたが、そうではなくてアメリカで調べてきた行きたいところを積極的に回っているようです。秋葉原も行きたいところに入っていましたので、午後からはそちらに行ったかもしれません。

明日は私が宿舎の部屋を午後2時に訪ねて、三鷹の森ジブリ美術館 http://www.ghibli-museum.jp/  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%B7%B9%E3%81%AE%E6%A3%AE%E3%82%B8%E3%83%96%E3%83%AA%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8 に行くのには、渋谷駅から山手線で新宿駅に行って、中央線に乗り換えて三鷹駅まで行くことを教えてあげようと思っていました。しかし今朝すでに自分たちだけで山手線に乗りましたので、道案内は必要ないかもしれません。それでも、アメリカで予約した入館予約証(e-Ticket)をプリントするのを忘れてきましたので、情報を私のPCに転送してもらって印刷したものを届ける必要はあります。
明後日木曜日は英語ガイド付きのはとバスで観光をするか、私の車で房総半島にドライブするか未定にしてありましたが、東京以外も見たいのでドライブしたいと言ってきました。

昼休みに道場で空手の稽古と筋力トレーニングを1時間した後で、江戸川堤防に行きました。河川敷に下りるスロープを走って上り下りする坂道トレーニングを3往復してから水元公園Cブロックへ行き、ウォーキング/ジョギングを2時間20分してきました。
松戸側河川敷のスロープ設置工事は完了していて、スロープ部分は垣根で囲って鍵がかかっていました。簡単に乗り越えられそうな低い垣根でしたので、多分子供がスロープで遊んで事故があった時や、酔っ払いが溺れた時に責任を問われないようにするための垣根かもしれないと想像しました。
東京側の葛飾橋の下のサイクリング道路の舗装工事はほぼ完了して最後の撤収中でしたが、芝生もきれいに張り替えしてありました。






2017年3月27日月曜日

午前中に埼玉県庁の近くの埼玉教育会館会議室で開かれた平成28年度安全安心農産物確保対策推進事業(影響回避)試験研究課題に係る意見交換会は予定より少し早目に終わりました。当初計画したようにそのまま成田空港に直行すると早過ぎるので、一度自宅に寄って簡単に昼食を食べてから電車で成田空港第2ターミナルに行き、到着ロビーでBrett さんとMike 君の到着を待ちました。ロビーには、何年か前に(確か竹下内閣の時?)全国各地に支給されたふる里創生資金1億円を使って、芝山町が私の友人(当時芝山町で木のネンドの工房をやっていた)の小杉荘八君に発注して作らせた同町で発掘された古代の埴輪(はにわ)のレプリカが展示してありました。

Brett さんとMike 君は大体予定通り到着し、事前に写真を交換してあったのでお互いにすぐ認識できました。ロビーでアメリカから予約してあった携帯電話の代わりのタブレット(携帯用小型パソコン)を受け取り、外貨交換所ではなく自動キャッシングマシンにクレジットカードを挿入して日本円を引き出し、JRの事務所でアメリカで購入してきた有効期間1週間のJRパスを発行してもらいました。
それを使って、京成ではなくJRの特急スカイライナーに乗ってJR渋谷駅に行きました。宿舎はあらかじめネットで検索して地図を印刷して持っていったのですがなかなか見つからず、交番や配達人やコンビニなど5~6人に訊いてやっと見つかりました。
普通の1Kの単身赴任者用の家具付きマンションのような高層ビルで管理人はいませんでした。全て自動管理になっていて、与えられていたコード番号を打ち込むと、指定された郵便受けが開いて利用説明書と鍵が出てきました。それを使って部屋に行くと、非常にコンパクトに出来ていましたが、ベッドや台所や冷蔵庫や風呂やトイレがそろっていて、清潔な感じでした。
荷物を置いて、日本滞在中の1週間の段取りを確認してから、外に出てカレーうどん店を見つけて夕食を食べました。
万が一道に迷った時に人に訊けるように、日本語で宿泊所の名前と住所、JR渋谷駅を書いたメモを渡してきました。



松戸駅の西口と東口をつなぐ通路には展示スペースが設置してあって、その時々でいろいろな展示が行われています。今日はその中の1つでステンドグラスの作品展をやっていて、なかなか見事でした。





2017年3月26日日曜日

Brett さんと夫のMike 君はもう現地を出発して日本に向かっている筈ですが、初対面ですので、成田空港でお互いに認識できるように最後のメールで写真を送ってくれました。昨日は私の写真を向こうに送りましたので、これで空港の到着ロビーの人混み中でお互いを見つけるのは楽になります。


昨日埼玉県の浦和に行った時に、第8回世界盆栽大会 in さいたま(4月27日~4月30日、さいたまスーパーアリーナ、前売り券800円) http://world-bonsai-saitama.jp/ と、それを記念した特別展(3月17日~5月10日、さいたま市大宮盆栽美術館、入管料一般300円・65才以上150円) http://www.bonsai-art-museum.jp/exhibition/exhibition-2320/ のポスターがあちこちに貼ってありました。私は特に盆栽にはまっている訳ではありませんが、せっかくの機会ですし、大宮の盆栽村の蔓青園(まんせいえん) http://www.saitama-dentousangyou.com/34/index.html の4代目園主の加藤初治君 http://www.bugin-eri.co.jp/doc/manseien.pdf#search=%27%E7%9B%86%E6%A0%BD%E8%94%93%E9%9D%92%E5%9C%924%E4%BB%A3%E7%9B%AE%E5%BD%93%E4%B8%BB%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%88%9D%E6%B2%BB%27 は、浦和高校時代の同級生で、中心メンバーとしてこれらの企画に関わっている筈ですので、どちらかに顔を出して見ようかと考えています。


今日は千葉県知事の選挙でしたので、小雨の中を妻と一緒に投票に出かけました。投票後、松戸駅西口のKFC(ケンタッキー・フライドチッキン)で昼食を食べました。

2017年3月25日土曜日

Brett さん夫妻はノースカロライナ州のシャーロット空港からシカゴのオヘア空港に飛んで、そこから成田に飛んでくることになっています。お互いに初対面ですので、成田空港の到着ロビーで私を認識できるように昨年Frank 君が来た時に一緒に撮った写真を添付して、第2ターミナルの1階の到着ロビーで待っているからと最後のメールを送りました。


今日は浦和高校卓球部のOB会がありましたので、私はもう何十年もラケットを握っていないので現役部員対OB部員の対抗戦出場は無理ですが、総会と交流会だけには10何年振りに顔を出してみようと思って自宅を10時半頃出発して北浦和駅に向かいました。浦和高校時代は、剣道と水泳と卓球をやっていて過労で病気になり剣道と水泳は途中で止めましたが、卓球だけは卒業までやり通しました。当時指導に来てくれていた大先輩の石川正之さんとダブルスで埼玉県代表として東京選手権に出場したこともありました。
当時蕨(川口市芝)に住んでいた私は、北浦和駅から浦高通りを歩いて通学していました。久し振りに同じ道を歩いてみましたが、すっかり様子が変わっていて、唯一昔と同じだったのは浦高通りと北宿(きらじゅく)通りが二股に分岐する角に立っているモリ商会だけでした。ここは確か私の木崎中学時代の大郷君という名前の友人の実家だった筈です。



浦和高校の校舎や配置は全部変わりましたが、正門と銀杏(いちょう)の葉3枚の校章だけは同じでした。シンボルの大銀杏の木は今も玄関の横と校庭の南側にありました。
卓球部は大きな体育館の2階部分に専用の練習場を持っていて、5~6台の卓球台が置いてあって、顧問の先生によると部員は20名ぐらいいるとのことでした。私が最古参のOBで、その他10年以上若いOBが5~6名来ていて、現役部員と対抗戦をやったもっと若い部員(大学生ぐらいの年代)は20名ぐらいいました。試合は五分五分で、最終結果はOBが25勝、現役が24勝ぐらいでした。私が最古参ということで顧問の先生に最後の挨拶を頼まれました。
予想に反して試合後の総会も交流会もありませんでしたので、私はしばらく構内を見学したり、学校周辺を歩いてみました。
卓球部の練習場の壁には目指せ関東大会という目標が貼ってありました。私より数年上の先輩の中には大学時代に全日本のランキング入りした大島 統さん(立教大学)や田口一男さん(日本大学)がいた時代と比べると目標が低いのは現在の卓球部の実力を反映しているのだろうと想像しました。
柔剣道場がりっぱなのには驚きました。剣道場の壁には、歴代部員の名札が掲げてありましたが、私より1年先輩で当時全日本高校チャンピオンになった磯 一男さんと、2年先輩で大学時代に全日本チャンピオンになった渡辺洋一さんの名札もあり、一緒に稽古をした仲ですから懐かしく思いました。
産業道路も少し歩いてみましたが、木崎小学校時代に同級生だった川島 登(?)君の親がやっていた理容店がまだありました。多分、川島君の息子の時代になっている筈です。


























松戸駅に着いたのは夕方5時頃になりました。この頃はちょっと遠回りして坂川沿いに散歩をしながら帰宅することが多いのですが、今日は黄色のレンギョウの花が咲いていました。


2017年3月24日金曜日

剣道の弟子/友人のKelly 君の姪(めい)のBrett さんが夫と二人で来日する日が近づきましたので、正確な到着予定を知らせるようにメールを打ちましたら、早速返信が届きました。
シカゴのオヘア空港(ORD)を3月26日(日)の10:55発のJL009便に乗り、成田空港(NRT)には時差の関係で翌27日(月)の15:05に到着予定です。浦和で開催される埼玉県の農産物安全に関する会議は10:00-12:00ですから、会議が終わってから電車で成田空港に直行すれば間に合うということになりました。宿舎は、都内の渋谷駅近くの賃貸マンションの一室のようです。都内での車の運転はあまり自信がありませんので、電車で行き、宿舎まで同行して案内することにしました。

JAL国際便が到着するターミナル2の1階のフロアマップを添付して、到着ロビーAかBの前で出迎えると伝えました。
https://www.narita-airport.jp/en/guide/map?terminal=2&map=9

昼休みは道場で空手の稽古と筋力トレーニングを1時間しました。

2017年3月23日木曜日

アメリカのバージニア州の山の中の電力会社の水力発電ダムの管理をしている昔からの剣道の弟子/友人のKelly Brown 君は、アメリカ南部で育った保守的な白人です。私はノースカロライナ州の古巣を訪ねる時は必ず彼のところにも寄るようにしていますが、昨年寄った時はトランプ大統領が公約している政策について自分は何も違和感はないと言って支持を表明していました。その彼のフェイスブックに面白い批判的な写真がシェアされました。早くも期待が裏切られて、不支持に転向したのかもしれません。今年会ったら訊いてみようと思います。

千葉大学全体の卒業式は午前中に千葉市で行われ、卒業生たちはチャーターしたバスで松戸に帰ってきて、午後3時から園芸学部の卒業生・修了生を送る会が開催されました。私も名誉教授として招待されて、毎年出席するようにしています。
今年も、正装した学生たちの晴れ晴れした様子を見ることができ、嬉しい気持ちになりました。学部長の挨拶、戸定会(同窓会)会長の挨拶、後援会(父兄会)会長の挨拶、卒業生代表の挨拶に続いて、成績優秀学生に対する学部長賞の授与が行われました。受賞者は別科を除いて全員女子学生でした。最近は例年同様な傾向で、女子学生の方が元気がよく、勉強もよくするようです。
これから社会生活のスタートラインに立つ若者に、しっかり頑張れよと心の中で励ましました。

今までの卒業生・修了生を送る会では、出席者全員に赤飯と園芸学部農場で生産された果物が配られていましたが、今年はありませんでした。千葉大学全体への文部科学省からの交付金は20%減額されたとのことでしたので、予算的にそこまで厳しくなっているのかなと想像しました。