2014年4月17日木曜日

アメリカ在住の娘から電話があり、やっと自宅に戻れたが、保険でカバーされない修理費や電気製品を全部新しいのに買い替えたりしてお金を使ったので、今年の夏は日本に来ないことにしたとのこと。義理の息子の両親が住んでいるテネシー州にも行かないようです。孫3人を連れてくるので飛行機の切符が高いので止むを得ません。テネシー州の義理のお母さんは、日本にはいつも1ケ月半も行くのに、どうしてテネシー州には1週間か10日しか来ないのかと不満(やきもち?)をもらすそうです。今年は両方とも行かないということなので、問題は起こらない筈です。2年間も孫たちの顔を見ないとずい分大きくなってしまうでしょうから残念ですが、仕方がありません。

千葉大学園芸学部の3年生の女子学生から、松枯れ問題に興味があるので私たちが平砂浦に調査に行く時に一緒に連れて行ってほしいというメールがきました。3年生はまだ授業の履修がある筈ですので、日程の都合が合う時に車に同乗してもらって、現地を見てもらおうと思います。

近所の病院の整形外科に行って、右足のレントゲン写真を撮ってもらって診察をしてもらってきました。骨折はしていないけど、疲労骨折の場合はレントゲン写真では判断できない場合があるので、無理をしないようにと言われました。炎症を抑える塗り薬と湿布の処方箋を出してくれました。29日の駅伝大会まであまり時間がないので、トレーニングが思う存分できないのはつらいところですが、5Kmを走ってタスキを次走者に渡せるだけの最低限の準備だけはするつもりです。